toggle

who’s Ran ?

Ran

・名前のないふつうの料理研究家

・人生哲学コラムニスト

🎉先日「クックパッドの秋レシピ2019」に掲載されました🎉

福岡市で超初心者さん向けに「名前のないふつうの料理」を教えています。

このHPで、暑苦しい人生哲学に関するコラムを書いています。

✏️特定非営利活動法人 職業技能専門教育研究機構 認定ヘルシー&ビューティフードアドバイザー/食品衛生責任者
🍳松坂学園クッキングスクール 本科 和洋中家庭料理 修業
👩🏻‍🎓文学部 哲学専攻卒業

 

about cooking

1人暮らし・OL歴(秘書、営業・経理・庶務事務) 通算11年、シンプル料理を極め15年。

料理とは無縁の家庭環境で育ち、実家を出てすぐはパスタすらまともに茹でられず…節約と生きる為、必要に迫られ始めた料理。元々食べることが好きな私は自分の手で美味しい!を作り出せることに次第に熱中し、気付けば できない→「できる」に。

健康や栄養、体の内側からつくる美容にも興味があり、ヘルシー&ビューティフードアドバイザーの資格を取得。シンプルに生きるライフワークの一環として、狭いキッチンでいかに効率よく動線を確保し収納するかも日夜研究中。

料理を始めた頃、初心者向けのマンツーマンや現実的に通える教室が少なく困った経験を、今の教室づくりに生かしています。

私が料理を教えたい理由。

about philosophy

最高にイケメンだった実父は私が9歳の時に病死し世界の不平等を痛感、物心が付いた頃から人生とは何かを常に考えていた。母親は今も健在&ファンキー、そして私は一人っ子という生育環境。

その延長線で大学は哲学科哲学専攻へと進んだ。卒業後は仕事もプライベートもまぁ色々あったが、なんとか今も生きている。その過程に考察してきた全てのアウトプットとして、人生哲学に関するコラム【凛と生きる】をちびちび書いている。そのエッセンスは主に猫と音楽、美味しい食べ物とお酒、綺麗な風景から得ている。

 

ストアカ

 

Ran

名前のないふつうの料理研究家/人生哲学コラムニスト