toggle
2019-06-06

no more 比較。人と比べて疲れる癖を断捨離する方法。

幸か不幸か、私は一人っ子なので元々の性格がかなりマイペースです。でも時に人と比較し焦って、ペースや基準を合わせ過ぎてしまうと必ずしわ寄せが来て、体調や心の調子が悪くなるのが常。

どうしたら自分基準で過ごせるのか、人と比較せずにいられるのか、そのポイントをお伝えします。既に知っている人・実践している人も多いかとは思うのですが、私が色々試してみて一番効果があったものだけを紹介しますね。

SNSを完全シャットアウト。

なんとなく気分が晴れない日が続いた時、そしてその理由が分からない時は特に、Instagram、Twitter、FacebookなどなどのあらゆるSNSから全力で距離を置いてください。

SNSはポジティブな部分だけを切り取った投稿が多く、それは悪いことでは全くないのですが、気持ちが弱っている時はそのポジティブな世界と自分とのギャップにやられます。

もちろんフォローしているのは自分が好きな人だけだとしても、今あなたに必要なのは自分と向き合うこと。遮断すると、そこには自分だけの時間が流れます。もし義理でフォローしている先がありそれを見て疲れるのは本末転倒です。いますぐ解除してください。もし明日死ぬとしたら、それを気に病みますか?毎日後悔のないように生きましょう。

具体的に私は、アプリのアイコンが目に付くとつい癖でタップし開いてしまうので、SNSアプリが目に入らないよう別の画面に移動させたりすらします。やり過ぎ?笑

LINEのトーク画面や、電話帳を一掃する。

LINEをしている方は、トーク画面を本当に必要な・心から愛する・尊敬できる人だけ残して、他は【非表示】にしてください。残酷なことを言っているかもしれませんがそれでも、それをすることであなたが本当に大切で必要なものが何かが、一目瞭然です。。。

仕事上難しい場合は、実践しにくいですね。それでも、1〜3年以上連絡を取っていない相手は、非表示もしくは削除しても差し支えないかと思います。期間の基準は自分で決めるといいと思います。(机上や引出しの整理にも言えますよ〜。)これは電話帳も同じです。

本当に大切で必要なものだけに囲まれると、それ以上他のものを増やす気持ちが湧きません。比べたとしても、自分は満たされている幸福を実感することでしょう。

TVも音楽もOFF。文字通り「無音の時間」を持つ。

単純に全ての目と耳から入る情報を遮断します。電子機器をOFFにしても、窓の外から聞こえる救急車の音や騒音がしたり、家族の生活音も気になる場合は耳栓もします。

兎にも角にも、自分の五感だけを守るイメージ。

インプットだけをし過ぎると、自分の中で情報が溢れかえってしまいます。アウトプットとのバランスも取らないと、いつの間にかキャパシティオーバーです。そんな中では、比べることが無意味であるという冷静な判断も時にブレてしまいます。

寝る。

あとは寝るだけです。笑 休みの日ならば、たとえそれが午前中でもお昼でも夕方でも。睡眠は偉大です。自分の意思ではできない脳内のお掃除と修復ができます。比較して焦る気持ちも、寝ている間からは離れることができます。

もっと言うと美肌にもなります。いいことしかないです。

(不眠症気味の方に特にオススメ)運動する!

そうは言っても私も若干不眠症気味なので、寝たくても寝れないんだよ〜ってお気持ちも、良く分かります。

そんな方にオススメなのは、運動すること。苦手な方は運動と思わなくても大丈夫です。お散歩だけでも効果は抜群です。畑仕事でも、3Fまで階段使ったとか、スーパーまでチャリこいだとかでも。ただ間違ってもその間、SNSを覗くことはしないでくださいね。笑

運動すると心と頭がとても良い意味で一旦空っぽになります。リセットという感じ。ゼロになる。

肉体的に適度に疲れるので、脳は最低限の働きをする=余分なことは考えない。普段複雑に物事を考えすぎる方(私です)は、そのシンプルでリラックスした思考回路に感動すると思います。

その結果、夜もちゃんと眠れることが多いです。

人間は、脳や心だけで生きている訳では決してありません。骨や筋肉も、あなたを支えてくれている重要な器官です。どうか無視することなく、適度に使って、そして労ってもらえたらと思います。

自分の感覚を取り戻そう。

他人と比べることは、1秒でも早く断捨離した方が自分の為です。本当に、良いことは1つもありません。その為に出来ることを、地味ながら具体的にいくつか記しました。ポイントは、自分の五感を取り戻し、研ぎ澄ませることです。




関連記事