toggle
2019-02-06

【2019年2月速報】Google AdSense審査1発合格記〜哲学という暑苦しいジャンルの中で〜

念願叶ってGoogle AdSenseの申請に1発合格致しました🎊👏🏻

この記事を書いている今現在、詳細な設定がまだできておらず至る所にどデカく広告があり見苦しく申し訳ございません;
徐々に整えます。

【簡潔に】Google AdSenseとは?

グーグルアドセンスをご存知ない方の為に簡単に説明すると、「自分/自社のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービス」です。

ですがこのサービス、サイトの審査がちゃんとあって何回チャレンジしても落ちる方もいるのです。(スゴイデショスゴイデショ🐣♪)
確かにGoogle社の視点に立てば、大切なお客様(広告主)の商品である広告を貼るのだから、アダルト系や違法の香りがちょっとでもするような不信感のあるサイトには載せたくないのです。
なおかつGoogleの企業理念は徹底したユーザー目線にあります。人の為になるサイトであることも大条件のようです。まぁ、納得ですね。理解。
基準は結構厳しく公開もされていないので、結果が来るまでドキドキ。。

申請の為に見直した部分

ちなみに。過去読まれた方もいたと思いますが○ッ○○レ○(分かるかな?笑)←Googleパトロールが巡回に来るので、これくらいにしか書けない。
の記事は完全ポリシー違反だったので、当サイトきってのぶっちぎり人気記事・何十回も推敲を重ねた渾身の力作でしたが、泣く泣く下書きに取り下げました…

もうひとつ、ストアカのバナーやリンクは外そうかとも思ったのですが、苦労して貼ったし仕事上もし合格してもこれを取り除くことは出来ないと思い、思い切って貼ったままにしました。Googleの審査担当者が、私が何をしているか分かりやすいだろうという、ポジティブシンキングのもと。笑

でも「ご予約はストアカのバナーよりどうぞ」という記述が至る所にあったので、あまりに直接的な誘導と考えそれだけ削除しました。

1度申請して落ちると約2週間は再申請できないとのことで、私も様々なサイトで申請する時の状況を見て回りました。
それがとても役に立ったので、私もその時の状況を簡単にでも残しておこうと思った次第です。

💡申請時の状況

ブログ運営期間 8ヶ月 1ヶ月に3〜4記事の更新ペース🐢
記事数 約30記事  
1記事の文字数(平均) 約1,500〜2,500文字 3,000字超えの大作も3つほどあり。
PV数(平均) 0~30PV/日 泣けるぜ😂
お問い合わせページ あり 記事にコメント欄を設けない代わりに。
プライバシーポリシー あり ブログに安定感を持たせたく。
目次設定 あり 読みすさ重視。見出し3つ以上で自動作成。
外部サイトへのリンク あり

ストアカ、インスタが中心。いくつか本のリンクとして楽天市場を貼っていました。

カテゴリ数 5つ  

ざっとこんな感じです。

巷で噂されていた記事数30を一応クリアしてから申請しようと思っていたら、前職で予想以上にフラフラになったりで気付けば運営期間は8ヶ月も経っていた。

PV数に関してはスズメの涙ほどだが、記事の内容を充実させること、他の部分(お問い合わせページやポリシーの掲載)でサイト全体の厚みを持たせ、Google様からの信頼アップに繋げるよう尽力した。

で、申請後の審査期間は…

1

お昼

【申請日時】

Googleアドセンスのサイトから必要項目を入力し、申請登録します。

1/30(水)11:30頃

2

翌朝

【謎の1次審査通過?メール】

「作成したアカウントを有効にしましょう」

1/31(木)6:29

3

翌々日夕方

【合格!おめでとうメール】

「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」

2/1(金)17:04

申請から合格メールまで、私の場合は2日半かかりました。

謎の1次審査通過?メール

2のメールが謎なんですよね。このメールが来ている人、ちらほら見かけました。
「AdSense にお申し込みいただいてから 7 日が経ちました。アカウントを有効にして、サイトでの広告配信を開始するには、次の簡単な手順を実施してください。」とか

「これらの手順を終えられましたら、スペシャリストによるサイトの審査が終わるまでお待ちください。審査は通常 1 日で終わりますが、状況によっては長くかかる場合もあります。」などのことが書かれたメール。

コレ👇

それらの手順は、1の申請時点で完了しているのですがね。一説によるとGoogleの社内で審査が1次、2次とあるらしくその影響でこのメールが来るとか来ないとか。

なんか、謎めいていて楽しくなってくる。

3のメールでは昔は「ポップコーンボーイ」と呼ばれる笑顔の男の子がポップコーンを持っている絵のメール=すなわち合格メールとして浸透していたようです。

が、2019年2月現在はコレです。笑顔の黒人メガネ女性、実写。

 

総括と余談

要は、徹底したユーザー主義であるGoogleの目線に立った時、自分のブログが職場の同僚や自分の子供に見られても恥ずかしくない内容で、人の役に立っているか否かが全て。日記やつぶやきで終わっている内容だと難しいです。(よく通ったなぁ…)

これは就職面接に合格した時のような嬉しさ。

小さなことだけど、自分のやってきたことが社会的に認められたという手応え。これでいいんだという納得感、安心感、自信。「Googleに認められた」っていうところはやっぱりどうして大きいね。笑

アメリカでは今Googleのような大企業(他Apple、Facebook、Amazonの米巨大IT企業4社)の頭文字をとって「GAFA」と呼ばれ、独占的に世界市場を支配しているとしてアンチや批判も多いようだ。が…日本にいる今の私は少しはその大企業の力をお借りしたいです。

記事数が5〜10個や、サイト運営が1ヶ月未満でも受かる強者もいるらしい。先を急ぐ人は1日も早く合格したいよね。

昔は無料ブログでも申請できたようですが、今はきちんと独自ドメインを取得し自分でサーバーを借りていないと合格しません。私もこのHPは少なからずお金をかけています。

その分しっかり運営しようという意識にもなるし、何より「自分の居場所感」がとても強く持てて、それはそのまんまがんばる意識へと繋がっています。

それにしても、私は過去の○ッ○○レ○の記事、友人や仕事関係の人にもし見られても恥ずかしくない!と腹を括って書いたんだけどなぁ。それくらい悩んでいる人も多いし、深いし、絶対誰かの何かの役には立つはずだ。と確信してそしてその通りの結果が出ていた記事。これをこのブログで掲載できないことだけが悲しい。

今後どこかでどうにかできないかなぁ。


で最後余談ですが、合格後にサイドバーに人気記事なるものを表示させたいなーと思い付き、例の如く色々ググってHTMLをいじっていたんですよね。レッスンとレッスンの間にチョチョっとできるかなぁなんて完全に調子に乗り、あまり確認せず勢いでファイル更新したらエラーが発生し、HPが真っ白😨私の頭も真っ白…

せっかく合格したのに初っ端から「ページが存在しません」とは笑わせてくれます。

でもまぁなんとかなるだろうと思って時間を置いて落ち着いて復旧に努めましたが、FTPとういう通信プロトコルなるものを使いサーバーに直接接続したりと初めての作業で、思ったよりも大変でした。。

今後は、HTML編集は避けたいところだけど必要な時もあるので、その時は時間のある時にしっかりと確認をした上で更新しようと心に誓った所存であります。

以上、Google AdSense審査の巻でした。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします☺️💙




関連記事