toggle
2018-11-23

人生の後悔を少なくする方法ー食べ過ぎた時の事後対応からの考察

夕飯にオイル系のパスタ(アンチョビペペロンチーノ!)を作って食べたのに飽き足らず、ピザも頼んでしまった。しかも今ならプラス100円で骨つきチキンとフライドポテトが付くというアレ…。そのチキンとポテトも食べ、ピザもSサイズだったけれど8割完食という華麗なる失態。定期的に訪れる胃のコスモ状態。だもんで朝になっても胃もたれ中。

ヘルシー&ビューティー フードアドバイザー的には食事の量と質はバランスだと考えています。もちろん限度というものがありますが。今回はちょっとやり過ぎね。

昨日そういうやらかし(カロリーオーバー&炭水化物祭り)をしてしまったら、今日は総カロリー少なめ&野菜中心のメニューにする。

1週間だと何を食べたか忘れるので、3日〜長くて5日くらいのスパンでバランスを取っている。

これが崩れてくると徐々に徐々に肥えてくるんですよね…。分かっては、いる。

こんな飽食の時代にストイックにずーっと食事制限するなんて修行僧。すごいなとは思うけれど、逆にストレスが溜まるので私はオススメしない。

自分の中で、自分なら守れるルールをつくれば大丈夫。だからやっぱり自分を知っているということが大切。

信念を大切にしたい。信念に則った行動をいつも心掛けたい。

言葉だけではなくて行動で示せる人になりたい。有言実行はもちろんだし、無言実行もカッコいいなと思う。世間は言葉で溢れ過ぎておりもう色々と聞き飽きた。

相手がこういう出方だから自分の出方を決めるというヘボい対応は今すぐストップ。それは例えば相手が何にもしてくれないから親切にしないとか、そういう意味でのヘボさ。

いつも自分が正しいと思ったことをちゃんとできる人間になろう。

だってそうすれば、何か悪いことがもし起きても後悔が少ないからだ。人のせいにすることがないからだ。やれることはやったのだと着地点を見つけられる。

これくらいなら私にも守れるというルール、信念。多くても守りきれないけど、とりあえず1本筋が通っていればブレることはないだろう。




関連記事