toggle
2018-10-10

からだのメンテナンス

昨日はマッサージに行ってきました。全身コリ性なので、学生時代から色々なお店に通ってきました。

何が絶対良いということはなくて、だけどただ一つ言えるのは体が楽になると心も楽になるということです。これは間違い無いです。コリ性の方は特に当てはまるのではないでしょうか。

セラピストさんとのフィーリングが合うことも欠かせません。合う方に出会うまではどの街へ引越しても最初はジプシーです。施述中、前後の会話はもちろん、直接体に触れられるのでなんとなくその方の「気」みたいなものも一緒に頂く気がします。

忙しいと、体の痛みに気付いていてもケアは後回し。だけどその忙しさがひと段落したあと、痛みだけが残ってしかも回復に時間がかかる。忙しい時こそ、20分でも良いから小まめにケアすることが大切なのでしょうね…

分かっちゃいるがそれが難しい。だけど、これからはもっと自分の体を労ろうと思います。なぜなら今後は更に自分の体が資本になるから!

30代に突入してからは、フェイスエステの大切さも実感しつつあります。私の場合体がメインで、どうしても二の次になってしまいますが。。

これからは、内面の充実が表情に出ることはもちろん、内側(食べ物)、外側(エステ、日頃のスキンケア)からのアプローチが必要なのだと思います。

は〜忙し。笑

*

*

胃腸の調子だけがどうも戻りません。こんな時は、里芋と大根、長芋あたりを主食にします。

・里芋…ガラクタン(食物繊維の一種、脳細胞活性化)、ムチン(粘膜保護、感染症予防)。この2つのぬめり成分が胃粘膜を守ってくれる。

・長芋…すりおろすとムチンが働く。アミラーゼとカタラーゼという消化を促進してくれる酵素が豊富。

・大根…特に根っこの部分にジアスターゼ、カタラーゼ、オキシターゼなどの消化酵素が豊富。胃腸の働きを整えてくれる。

大根と人参、豆腐とワカメのお味噌汁と里芋とコンニャク、人参の煮物を作って食べました。お米はお粥です。

寝起きは相変わらず怠かったのですが、最近で一番めちゃくちゃ快便でした!笑 これで毒素、不要物をデトックスして良い方向に進むといいなぁ。

初めてフードアドバイザーらしいことを書けたなぁ。笑




関連記事